2011年05月28日

眠りの準備。

とくに、緊張して眠れないというのではないが、
「究極の眠れるCD」というのを買いました。
リラクゼーションルームで流れているような
浮遊感のある音楽が延々1時間ほど続きます。
水のせせらぎ、鳥のさえずりに加えて、
優しい電子ピアノやアコースティックギターの音が重なり、
心地よい調べで落ち着きます。

水のせせらぎは、田舎の家にいたときに
聞こえていた、水路の音にそっくり。
ということは、田舎にいた頃は、
気づかいないうちに、癒されていたということか!
(蛙の大合唱も聞こえていたが・・・)。自然に感謝です。

ほかに癒される音は、雨の音。
東京も梅雨入りしたが、
外でぽたぽたと落ちる雨だれの音は、
すぐ眠れそうで、けっこう好きです。zzz

眠りCD.jpg
posted by ボイシー日記 at 14:22| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

松本清張「芥川龍之介の死」。

松本清張の「芥川龍之介の死」を読んだ。
芥川龍之介は、劇薬ベロナールとジュアールを多量に服用して、
昭和2年7月24日の朝に死亡。享年36歳。
検死した下島主治医や、親しかった画家の
小穴隆一氏などが残した資料から、自殺の原因を探っている。

遺書に書かれていた「ぼんやりとした不安」というのも、
都会育ちでつねにポーズをつけざるおえなかった芥川龍之介は、
負い目と思っていた家庭環境について多く語ることができず
当時、主流となりつつあった自然主義的な
「告白小説」が書けないことに悩んだらしい。
また読書による疑似体験がほとんどで、
今昔物語など過去の文献をモチーフにした小説を発表したが、
やがてネタがつきてしまったというのもある。
芥川龍之介自身は、ポーズをつけたがり、
自分の赤裸々な生活を告白できない人だったのだ。

読んでへぇ〜と思ったのは、「歯車」に関すること。
死ぬ間際の小説「歯車」には、視界にチラチラ点滅する歯車が登場するが、
この歯車は、どうも眼科関連の本を見ながら書かれていた可能性が高いという。
書かれている症状が、学術本どおりの描写で、あまりにも正確すぎるし、
その幻覚のような症状は、直接精神疾患とは関係がないらしい。
てっきり自分の体験かと思ったが。。。
しかし、発狂する不安を、幻覚のような「歯車」で表現するところは、やはりかっこいい!

他にも、将来に対する不安のタネとしては、
発狂した母の遺伝子を受け継いでいることで、将来は必ず発狂するという恐怖、
親友の宇野浩二が王子精神病院に入院してヘコんでしまったこと、
愛人関係にあった秀しげ子との爛れた関係が清算できないこと、
そして、姉の夫が自殺したことによる、姉家族への経済的負担を
負わなければならないことなど、さまざまな理由があった。

オイラはぼんやりとした毎日で、
不安なんかありません・・・。
posted by ボイシー日記 at 16:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

小沢章友「龍之介地獄変」。

小沢章友の「龍之介地獄変」を読んだ。
図書館で「龍之介地獄変」というタイトルを見て、
つい手に取ってしまった。
知らない作家だったけど、一気に読めて面白かった。

芥川龍之介が自殺する前の3日間の話を、
たくましい妄想力(?)で書き上げている。
芥川龍之介と彼のドッペルゲンゲル、そして
作品にでていたさまざまな人物が登場する。
「父」にでていたロンドン乞食、「南京の基督」の金花、
「邪宗門」の堀川の若殿など。
私生活の友人・女人関係も、事実と想像力を交えて描かれている。
たとえば帝国ホテルで自殺未遂となった平松麻素子とのことや
映写技師の妻であった秀しげ子との事など。

いってみれば、年譜やエピソードをもとに、
勝手に、死ぬ最後の3日間でオールスター登場!
みたいな流れの小説なのだが、それはそれで楽しめた。
この本で、初めて知ったという事も多く、参考になりました。

文章、セリフなどもほとんど作品からのもので、
もう忘れていたストーリーなども、あらためて思い出された。
「沼」などという小品から書かれているモチーフもあり、
再度、芥川を読みたい衝動にかられた。
posted by ボイシー日記 at 15:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

筍な一日。

信州の田舎から、旬の筍を送ってもらったので、
ネットのレシピを見ながら、いろいろ作ってみました。
まずは、昼食にティエンメンジャン炒め。
鶏肉、筍、ピーマン、椎茸などを入れて炒める。
甘辛い赤みそ仕上げで、けっこうおいしい。
これは市販のソースを仕上げにからめただけです^ ^ 。
夕食には、定番の土佐煮。
初めてながら、うまくいきました。落ち着く味です。
味噌汁にも、わかめ、豆腐と共に入れました。
旬の筍を味わい尽くした一日でした。
日本人に生まれてきてよかった。

テンメンジャン.jpg土佐煮.jpg筍味噌汁.jpg
posted by ボイシー日記 at 19:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

福島産の玄米が来た!

福島県産の玄米(22年産)が、ドーンと30kg袋で届きました。
重くて、迫力ありすぎです。
保管をしっかりしないと、袋のなかで発芽しそうです。。
微力ながら、福島を応援中!

そして、厚揚げ&野菜の中華風炒めをつくりました。
中華は、材料を切って炒めるだけなのでいちばん簡単 ^ ^ 。
おいしくて、ヘルシーなのです。

福島玄米.jpg厚揚げ.jpg
posted by ボイシー日記 at 15:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする