2014年07月27日

和知野川キャンプ場番外地。




昨日は、天龍村の和知野川キャンプ場番外地で
中学時代の同窓生とその孫たちが
キャンプをするというので仲間に入れてもらいました。
40年ぶりに出会った友達もいました。

番外地というのは、もう20年近くやっている彼らが
河原の木を伐採したりして、
テントが張れるように広くした場所だからです。

川に入って涼をとろうと向こう岸へ渡るとき、
そんなに流れが早くないだろうと思いつつ
流れの真ん中あたりまで行くと、
体力が衰えているのか、流れに身体をとられて
ぜんぜん渡れませんでした。

夜は、BBQ、花火などetc。
頭が焚火で赤く照ったりしていました。。

朝は、4時ぐらいから近くで鹿が啼きはじめ
よく眠られませんでした。

わちの1.jpg

わちの2.jpg

わちの3.jpg

わちの5.jpg

わちの4.jpg

わちの6.jpg
posted by ボイシー日記 at 10:03| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

猫ナス。




きょうは、久しぶりに日差しが強く、
暑い部屋の中で、
猫は朝ご飯を食べてからというもの、
一日中、ぐでぐでしてました。

近所の人が、村の名物といわれる、
「ていざナス」をもってきてくれました。
比較するものが見つからなかったので
野球のボールを置いてみました。
ただただ大きい。。。
味は、うーん、いまいちかも。。

ねこ0821.jpg

ていざなす.jpg
posted by ボイシー日記 at 19:00| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

やっぱりできた、猫膳。




おはようございます。

もしや・・・と思い、やってみたら、
気に入って、ずっとはいってました。

昔、ねこ鍋、というのがあったなぁと思いつつ
猫膳もできるかな?と思って入れてみたら
けっこう気に入ったみたいです♪

猫膳.jpg
posted by ボイシー日記 at 08:40| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

猫は広げた新聞の上に寝たがる。




東京で飼っていたアメリカンカールを、
わけあって田舎で飼うことになりました。
ちょうど生後1年。
母親は、猫とはまったく波長が合わないので
自分の部屋だけで飼うことに。

大人になって前よりは落ち着いてきましたが、
やはり猫らしく朝晩は俊敏になります。

朝、畳の上に新聞を広げると
その上にでーんと寝転んで邪魔をしてきます。
TVの天気予報で、天気予報士が
天気図を示したりする指し棒が動くと
異常に反応して、画面に体当たりします。
これは、小さい頃から変わらず。。

窓から外を眺めることも多くなりました。
鳥や蝶、トンボなど、都会より
田舎のほうが生き物がたくさんいるので
けっこう飽きずに見ています。
雉子が来たら、どんな反応を見せるのかなぁ。

しんぶんのねこ.jpg
posted by ボイシー日記 at 16:36| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

馬の目皿に、ぶりかま煮付け。




冷蔵庫にぶりかまがあったので
暑いながらも、煮付けにしました。

日本酒と水100cc、砂糖、しょうゆ各大3、
みりん大2、しょうが適量をいれ、
アルミの落とし蓋をして20分くらい煮ました。

少し冷まして味が入るのを待って食べてみると、
中まで甘辛いおいしい味に仕上がってました。

お皿は、瀬戸の石皿、馬の目皿。
いい雰囲気です。^ ^

ぶりかま.jpg
posted by ボイシー日記 at 11:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

八ヶ岳牛乳と二重虹。




東京にちょいと用事があったので、
愛車ステラで行ってきました。

飯田山本から中央自動車道へ。
駒ヶ根から諏訪あたりはどしゃぶり。
そして日曜日の午後ということで
小仏トンネル付近になると
20km近い渋滞でしたが、なんとか無事着き、
府中のビジネスホテルに一泊しました。

用事を済ませ、次の日は
向こうを2時ぐらいに出てきました。
八ヶ岳PAで、八ヶ岳コーヒー牛乳をゴクリ。
天気が良ければ八ヶ岳が望めるのに残念です。
なだらかな山麓にカラマツ(?)等の
樹木が一面に広がる風景が大好きで、
いつも、こんなところに別荘でも
あったらいいなぁと思って通ってます。^ ^

とくに急いでいることもなかったので
伊那ICで高速を降りて国道を走ってきました。
峰竜太で有名な下條村あたりで、
きれいな虹が架かっているのを発見!
あわててコンビニの駐車場に入り撮影しました。
よく見ると二重になってます!
何かいいことが起きそうな予感☆

そういえば、ちょっと前に読んだエッセイに、
虹には雄と雌がある、というのを思い出しました。
虫篇なんです、虹は。

(写真 雲の八ヶ岳/八ヶ岳PA/八ヶ岳コーヒー牛乳/二重虹)

八ヶ岳PA1.jpg

八ヶ岳PA2.jpg

八ヶ岳牛乳.jpg

にじ.jpg
posted by ボイシー日記 at 09:07| Comment(0) | 山・高原・渓谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

雨の妻籠宿と南木曽へ。

昨日は、木曽の親戚の人と会う用事があったので
ついでに、妻籠宿と、南木曽にある桃介記念館、
山の歴史館、桃介橋を見てきました。

馬籠は行ったことがあるけど、妻籠は初めて。
あいにくの雨でしたが、
細い格子に縦糸のような雨が似合い、
紫陽花の花も咲いてひときわ風情がありました。
観光客もそんなに多くはなく、
ゆっくりと歩くことができました。

お昼は、口コミで外国人の満足度が
トップクラスという旅館「藤乙」で、
信州牛のほう葉味噌焼き定食を食べました。
大満足の味でした。

南木曽では、福沢桃介記念館、山の歴史館、
木曽川にかかる桃介橋へ。
福沢桃介記念館、山の歴史館は
雨で訪れる人もおらず、
30分ぐらいスタッフの人が
親切に案内&説明をしてくれました。

福沢桃介は、福沢諭吉の娘婿であり、
関西電力の前身である大同電力の社長。
電力王とよばれ木曽川水系に多くの発電施設を造り、
日本の近代化に大きく貢献しました。

福沢桃介記念館は、元々彼の別荘で、
ここからダムづくりの現場へ出かけていました。
また彼のパートナーであり、日本の女優第一号である
川上貞奴もここで一緒に暮らしていました。
木曽の中でもここだけは、
西洋の香りが漂う異国情緒あふれる場所でした。

以前、小金井公園・江戸東京たてもの園にあった
大正時代の家に入って心ときめいたけど、
この桃介の別荘も、どの部屋も
瀟酒で大正ロマンあふれ、気に入りました。

桃介橋は、大正11年に完成し、
読書(よみかき)発電所とともに
近代化遺産となっています。
外国人技師たちが来て造り、
ニューヨークのブルックリン橋を
模したということでした。

山の歴史館は、明治33年に建てられた
宮内省御料局妻籠支所。
皇室所有の御料林を管理していた事務所で、
建物内には木曽の木を伐った人を留置する
留置所も残っています。
「木一本首一つ」といわれ、木を一本でも伐ると、
首を切られるほど厳しい処罰を受けました。
ほかにも木曽の森林文化がわかる
資料が展示されていて堪能しました。

〈写真 雨の妻籠宿/旅籠か土産屋だったか?/信州牛のほう葉味噌焼き定食/福沢桃介記念館/美しい室内/和室と窓の雰囲気が最高!/近代化遺産の桃介橋/山の歴史館内/鹿の剥製/森林鉄道〉

妻籠.jpg

妻籠1.jpg

ほうば味噌.jpg

桃介.jpg

桃介1.jpg

桃介2.jpg

桃介橋.jpg

山の歴史.jpg

鹿.jpg

森林鉄道.jpg
posted by ボイシー日記 at 10:30| Comment(0) | 山・高原・渓谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

川風のカフェ、五反田。

今日は、飯田へ行くときにちょっと気になっていた
川路駅そばの、こじゃれたカフェに入ってみました。

その名も「五反田」。
川路にあるのに、なぜ五反田なのか、
オーナーが東京の五反田好きなのか、
それとも実家に五反の田んぼがあるのか、
などと人を妄想させる名前。

この辺りに詳しい友達に聞いたら、どうも屋号だとか。
その友達、いろんなことに詳しく、いつも驚かされます!

お店は渋いウッド仕上げで、落ち着いた雰囲気。
涼しい風が吹いていたオープンテラスに座り
アイスコーヒーを飲んで帰って来ました。
ほかのお客さんが食べていた
ランチプレートもおいしそうでした。

これからも飯田市内や周辺にある
こじゃれたカフェを訪ね歩いてみよう。

五反田1.jpg
posted by ボイシー日記 at 15:47| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

FM軽井沢、ウエハースな朝。

先日のブログに、サイマルラジオで
日本各地のFMを聴いていると書いたけど
いちばん聴いているのは「FM軽井沢」です。

朝7時から、野鳥のさえずりと
アコースティックなBGMが流れてくると、
部屋の窓から見える景色が
高原のリゾート地に見えてきます。^ ^

雨が降っていれば降っていたで、
それもけっこう好きです。
避暑地の雨って、いいなぁ。
フランス映画のワンシーンみたい。

そしてコーヒー豆を挽き、ドリップしてカップに注ぐ。
カップは、畳の上、箱膳に置いているけど、
カフェテラスを想像して飲む。
ウエハースな空気に包まれて、
ゆったりとした時間のなかに浸る。

本当は、軽井沢に行って
のんびり過ごせたらいいのだけれど。。

そうそう、もうひとつ、
FM軽井沢で好きな情報は、モンキーリポート。
猿の群れが今どこにいるかを、教えてくれる。
○○地区から西00mで確認!なんて言ってます。

猿、これはオイラの田舎にも
群れで出没するので、ここだけは同じだ。
posted by ボイシー日記 at 09:10| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

夏は油淋鶏もいい。

きょうは朝からサイマルラジオで日本各地のFMを聴いて、
まったりと過ごしていました。
ローカルな話題がいろいろあって、けっこう楽しいです。

お昼は、鶏の唐揚げを食べようと思って
鶏もも肉を買ってきていたけど、
なんとなくさっぱりと食べたくなって油淋鶏にしました。
ネットのレシピを見ながらですが。。

まずタレがポイントということで、
しょうゆ、酢、水を大匙3、ごま油大匙1、
しょうがとにんにくのチューブを適量いれてかき混ぜ、
冷蔵庫で冷やしておきます。

その間に、鶏肉を塩コショーして10分くらいなじませる。
そしてフライパンに1cmぐらい油を入れて
じっくり10分ほど、キツネ色になるまで
裏返したりしながら揚げます。

皿には刻んだキャベツを下に敷いて唐揚げをのせ、
そこにタレをかけます。

一見ただの唐揚げ?と思われますが、
ちゃんとタレが効いて、ひと口食べると
ちょっとしたお店で食べる油淋鶏の味でした!

油淋鶏2.jpg

油淋鶏.jpg
posted by ボイシー日記 at 14:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

分杭峠から駒ヶ根高原へ。

いい天気だったので、伊那谷でまだ行ったことがない
大鹿村の分杭峠、駒ヶ根高原をぐるりと回ってきました。

グーグルマップで見ると天龍村から遠山を抜けて、
国道152号がほぼまっすぐ大鹿村へ通じているので
いい道なんだろうと思って走って行ったら
途中が通行止めになっていたのか、
しらびそ高原へ行くくねくねと曲がった細い道に入り、
これはおかしいと思って道路工事のおじさんにきいたら
この道で行けるにと言うので、
心細くなりつつも走っていったら、
大鹿村のメインストリートに出られました。

国道沿いには、中央構造線という、
断層が顔を出しているところがあり、
土の色がはっきりと違っていて、
なるほど、まさに断層だな、と確認しました。
村内には、中央構造線博物館なるものもあるみたいです。。

そして国道152号を登りつづけて、分杭峠に着きました。
ここは日本三大パワースポット!
とくに「ゼロ磁場」といわれる場所が
不思議なパワーを発するらしい。。

しかし、峠周辺は駐車禁止。しかもゼロ磁場へ行けない。。
観光客が押し寄せ大混雑して渋滞するので
ゼロ磁場へはシャトルバスで来たお客さんしか
行けないようにしたみたい。(実際どうなのかわからん)
結局、ノロノロと峠道を走るだけになってしまいました。
パワーをもらうことが、できたのだろうか。
愛車ステラもパワーアップしただろうか。

その後、駒ヶ根市へ降りてきてランチ。
駒ヶ根高原にある東右衛門という茅葺きのお店で
ソースカツ丼を食べました。
ソースカツ丼、いままでは、ご飯とトンカツにして
別々に食べればいいんじゃないの?
と思っていましたが、食べてみて、びっくり。
なかなかの味でした。

そして大田切川沿いを散策し、木陰でひと休み。
涼しい風が吹き抜け、川のせせらぎと鳥の声が聞こえ、
つかの間のリゾート気分を味わえました。
家から2〜3時間なので、またふらりと来よう。

〈写真 右と左の地質がまったく違う中央構造線/ゼロ磁場へは行けなかった分杭峠/ソースカツ丼/駒ヶ根高原1.2〉

中央構造線.jpg

分杭峠.jpg

ソースカツ丼.jpg

駒ヶ根高原1.jpg

駒ヶ根高原2.jpg
posted by ボイシー日記 at 17:35| Comment(0) | 山・高原・渓谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする