2014年12月31日

年取りです。




さぁ、大晦日です。年取りです。
南信州の年取り魚といえば、鰤が一般的です。
毎年、家では塩焼きにしているのですが
オイラは、塩焼きした鰤より
照り焼きのほうが好きなので
今年は、鰤の照り焼きにしました。

あと、「おひら」という煮物も必須アイテムです。
たぶん、平皿に乗って出されたので
「おひら」というのかな。
切り昆布、里芋、こんにゃく、人参、牛蒡、
竹輪などをざっくりと切って入れた煮物です。
切り昆布独特の香りと味がすると、
あぁ、年取りだ〜と思う食べ物です。
けっこう好きです。

そして、もう年取りは終わりました♪
年越しそばも食べました。
昨日、中学時代の同窓生と飲んで
けっこう、飲み過ぎた感じなので、
今日は、早々と寝るつもりです。
では、みなさま、よいお年を!

〈写真 年取り/ぶりの照り焼き/おひらという煮物〉

2014年取り.jpg

20114ぶり.jpg

2014おひら.jpg
posted by ボイシー日記 at 19:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

2014年読本・備忘録。



そろそろ2014年も終わり。
で忘れないように、今年読んだ本のリスト。
今年は下京して(上京の逆です)
身の回りがいろいろと慌ただしく、
読書量は少なくなってしまいました。

(車を買って出回る日が増えたというのもある^ ^
あとは、村の図書館に読みたい本がないというのもある)
ので、家の本棚にある本を再読したりしていました。

印象に残ったのは、軽井沢の上流社会を描いた
朝吹登水子(仏翻訳家)の「私の軽井沢物語」という本。
戦前・戦中時代の本当のセレブ、華族の生活ぶりがわかる!
軽井沢を舞台に周りの華族、財閥の人たち、
または徳川家令嬢、はては皇族と、
テニス、ゴルフ、パーティなどを楽しんだ日々が
さらりと書かれていて、
羨望というより、いつのまにか妬みさえ感じていました^ ^

また、同じ昭和初期、堀辰雄や立原道造も、
軽井沢の別荘やあぶら屋などで執筆活動をしていたのに
まったく上流社会とは縁がなく、
闘病生活にあけくれていたというのも
どこか悲しく感じられました。

■小説・随筆
【立原道造】
立原道造全集〈第一巻-葦草に寄す・暁と夕の詩・田舎歌・優しき歌1,2・拾遺詩編・後期草稿詩編-/第二巻-さふらん・日曜日・散歩詩集・前期草稿詩編-/第六巻:角川書店〉 詩集/僕はひとりで夜がひろがる〈PARCO出版〉

【堀辰雄】
かげろふの日記/ルウベンスの戯画/楡の家/菜穂子/鳥料理/狐の手套

【その他】
真田太平記〈10・11・12〉(池波正太郎) 河童/白(芥川龍之介) 跳躍台/試みの岸/黒馬に新しい日を/静南村(小川国夫) 暗夜行路(志賀直哉) 八月の午後と三つの短編/乾いた土地/聖クララ村/美しい村(立原正秋) 月山(森敦) 続・明暗(水村美苗) うけとり/軽石(木山捷平) 蓼食う虫/痴人の愛(谷崎潤一郎) 銀の匙(中勘助) 雪国(川端康成) 蔵の中(宇野浩二) 小説智恵子抄(佐藤春夫) つげ義春を旅する(高野慎三) 潮風(里見ク) 越前竹人形(水上勉) 千曲川のスケッチ/ある女の生涯(島崎藤村) 草枕(夏目漱石) 眼の壁(松本清張) 私の軽井沢物語(朝吹登水子) 日本の名随筆3「珈琲」清水哲男編 日本の名随筆43「雨」中村汀女編  

【外国作品】
失われた時を求めて3〜第二篇「花咲く乙女たちのかげに1」〜[光文社古典新訳文庫](プルースト)
消え去ったアルベルチーヌ[光文社古典新訳文庫](プルースト)

■評論・評伝 その他
追想芥川龍之介(芥川文) イロリ端の食文化(今村龍夫) 
posted by ボイシー日記 at 09:07| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

ツインピークス、再び!




ツインピークス・完全なる謎の、
Blue-ray BOX10枚組〈輸入版〉を買いました!
天龍村は山々に囲まれ、どことなく閉鎖的であり、
ドラマと同じように製材会社も過去にあったりして、
ツインピークスの世界観に似ている?
と、昔からなんとなく思っていました。

ということで、ヒマを持て余しそうな年末年始に、
再び見ていきたいと思います。

1991年?、当時、WOWOWに加入していたけど
あまりのめり込んで見ていたということでもないので
今回はじっくり見たいと思います。

ツイン1.jpg

ツイン2.jpg
posted by ボイシー日記 at 10:34| Comment(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

夕日の雪山。




天龍村の町中はそうでもないですが
周りの山は白くなっています。
夕日に輝いてきれいだったので
羽衣崎、平岡ダム付近から撮影してみました。


1218やま2.jpg

1218やま.jpg

1218羽衣崎.jpg
posted by ボイシー日記 at 15:27| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

過酷な雪道デビュー@木曽谷。




きょうは、爆弾低気圧で
朝から日本全国、大荒れのなか
用事があって木曽へ行ってきました。
過酷すぎる雪道デビューです。。

朝8時頃、清内路トンネル付近に着くと氷点下7℃!
写真を撮るためにしばらく止めていたら
雪がどんどん降ってきて
立ち往生しそうな雰囲気でした。。

清内路峠の急な下り坂を
慎重に下りて行きました。
朝だし、あまり通行量が多くないので
かなり凍結している箇所がありましたが
4WDのX-TRAIL、吹雪や凍結路面でも
なかなか安心です。頼れる感じです♪
買い替えてよかった!

木曽谷は、一面吹雪、そして銀世界!
喫茶店でひと休みして
叔母さんのHUSTLERと並べてパチリ!
ワイルドな世界に、X-TRAILは似合います!

帰りは権兵衛トンネルを越えて伊那へ。
伊那谷のほうが穏やかだろうと思っていたら、
河岸段丘で広いので、その分、横風が強くて
前が見えなくなるほどの吹雪でした。

〈写真 清内路トンネル/メーターの気温は-7℃/木曽の原野付近/HUSTLER & X-TRAIL〉

清内路吹雪.jpg

-7ど.jpg

木曽原野.jpg

2だい.jpg
posted by ボイシー日記 at 17:21| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

がに股猫&鮭チャーハン。




いつものコーデュロイ服に寝ていた猫が
立ち上がったのでよく見ると
かなりのがに股になってました♪
実は家の猫は、小さい頃から、がに股です。。

 * * *

豊川の親戚から、多くの鮭が送られてきたので
まとめて焼いて、鮭チャーハンにもしました。
玄米なので、いまいちでしたが、
鮭一切れ分たっぷり入れて大満足でした。

がにまた猫.jpg

サケチャーハン.jpg
posted by ボイシー日記 at 07:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

秋桜の湯で、のんびり〜。




下條村にある秋桜(コスモス)の湯に
行ってきました。のんびり、15時頃から ^ ^

ここは、近所にあるいくつかの温泉施設でも
けっこう好きなところです。
というのも、露天風呂から見る眺めがいい!
うっすら雪化粧した中央アルプス、
そして南アルプスもちょっと望めます。
雪の日は、雪見露天風呂に!

家から車で20分くらいのところに
こんなくつろげる露天風呂があり、
恵まれています。。

その後、すぐそばにある道の駅「そばの城」で
そばを食べようと思って行ったら
日曜日の16時だというのに
お店はすでに終了していました。。

※写真は、飯田の街と風越山

1208いいだ.jpg
posted by ボイシー日記 at 09:07| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

だんご虫ねこ。




きょうは、朝から時折、雪や
みぞれが舞う冷たい一日です。

猫は、オイラのコーデュロイの服の上で
だんご虫のようにギュと丸くなっています。
一分の隙もありません ^ ^

この服が好きみたいで、この服を床に広げると、
自分から率先して丸くなって寝ます。

だんご虫ねこ.jpg
posted by ボイシー日記 at 15:05| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

白い空、初舞雪。




虹が一色ごと消えていくように
きれいだった紅葉の秋も終わり、
いよいよ、白い季節。

そして、ついに天龍村にも
雪が舞いはじめました!
熊伏山方面の山々も、
白い雪雲に包まれています。

1202天龍村.jpg

posted by ボイシー日記 at 13:38| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする