2016年09月25日

天龍村ができて60年。

天龍村のなんでも館で
「天龍村誕生60年記念式典」
というのを見てきました。
60年…、そんなものだったのか。
オイラが生まれるちょっと前にできた感じ。
平岡村と神原村が合併して
誕生した当時は人口6000人以上。
まだまだ活気があった。商店も多かった。

天龍小中学生の合唱や
自衛隊松本駐屯地の「アルプス太鼓」
というパフォーマンスが迫力があった。
石原良純氏の講演もあったけど
眠くなり、起きてもまだやっていて
長いなぁと思い途中で出て来てしまいました。。

天龍村60年.jpg
posted by ボイシー日記 at 18:46| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

ブルックリンからの帰り道。

友部正人の新作CD、
「ブルックリンからの帰り道」を買いました。

前作の「ぼくの田舎」は2013年だから、3年ぶり。
もう何年も前から生活の拠点をすっかりニーヨークに移し、
バスに乗ったり、地下鉄に乗ったり
公園に行ったり、美術館に行ったり。
マラソンにハマッている
友部正人の暮らしが伝わってくる楽曲もある。

全体に肩の力が抜けて、
ガタゴト、ガタゴト、
ブルックリンからマンハッタンへの
地下鉄に乗った気分を味わえました。

ブルックリン.jpg
posted by ボイシー日記 at 16:39| Comment(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

ランチ、食べ歩いてます。

最近のランチをピックアップしました。

ジョニー.jpg
カレー屋ジョニーの日替わりトッピングカレー。
この日は、スパイシーチキン。
味付けが濃い感じですがおいしかったです。
店主は、日本各地をぶらぶらして
定住しない主義らしい。
なんの縁もない町で暮らすことが好きらしい。
飯田にも、ふらりと来たらしい。
最後は宮古島でカレー屋を開きたいと言ってました。。

駅そば台湾.jpg
飯田駅前にある台湾料理の
ナントカ鮮?の日替わりランチ。
この日は豚肉と白菜炒め。650円。
おいしかったです。
春巻き2本付きでボリュームもある。
前は主菜に加えて、唐揚げが付いていて
こんなに食べられないよと言ったら
春巻きに変えますか?といわれ、
はー、それならと言って以来、
春巻きになりました。

はて.jpg
山水楼のある通りにある、
居酒屋ナントカ(また忘れた。。)の
刺し身定食。
おから、かぼちゃ、スバゲティなど、
とりあえずあるものをのっけた感が。。。

かみ1.jpg
かみみそかつ.jpg
南信濃上村にある喫茶店「かみ」のみそかつ定食。
普通の味です。。
この店は、演歌歌手なども来て歌ってる店です。

東京案親子.jpg
東京庵中央通り店の親子丼。
ランチ時でもあまり込んでおらず
落ち着けます。
カツ丼もおいしいです。
posted by ボイシー日記 at 10:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

南アの烏帽子岳2726mへ。

今日は朝5時出発で、久しぶりの山行をしてきました。
南アの烏帽子岳2726m。
いつも途中で空腹で動けなくなるので^ ^
吉野家で牛丼を食べて
飯田の友達前6時半到着。

国道153号を松川町まで行き大鹿方面に折れて
小渋ダム湖岸の道をどんどん進み、
やがて大鹿村へ到着。
そこから烏帽子岳、塩見岳の登山口まで
鳥倉林道を進み、8時頃、スタートしました。
鳥倉登山口の標高は1790m。
めざす烏帽子岳は2726m。標高差936m。

急登箇所、鎖場なども少なくて比較的登りやすく
11時過ぎに三伏(さんぷく)峠小屋に到着しました。
この山小屋は、烏帽子岳、塩見岳登山の拠点となる小屋。
塩見岳のほうが人気がありますが。。

そこからさらに40-50分歩いて
烏帽子岳に到着。
着いたら、びっくり!
富士山がすぐそこに迫っていました!
そして2位の北岳、3位の間の岳も!
つまり、1位から3位まで見える
絶好のロケーション。

もちろん、塩見岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、
中央アルプスも見えます。
中央構造線もジオラマのようでした。

30分くらい休憩してから下山。
車に着いたのが4時。
休憩いれてほぼ8時間。。
途中から膝ががくがくしていました。
久しぶりの本格登山でした。

鳥倉登山口.jpg
鳥倉登山口

さんぷく3.jpg
三伏(さんぷく)峠小屋

さんぷく2.jpg
三伏峠周辺

さんぷく1.jpg
三伏峠からの塩見岳

烏帽子途中.jpg
烏帽子岳

烏帽子頂上2.jpg
烏帽子岳頂上1

烏帽子頂上1.jpg
烏帽子岳頂上2

富士山バック.jpg
左奥の富士山バック

中央構造線.jpg
一番奥の山地と2番目の山地の間が中央構造線
posted by ボイシー日記 at 20:46| Comment(0) | 山・高原・渓谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

音符が風に乗る、うるぎ星の森音楽祭。

「うるぎ星の森音楽祭」というのを
ちらりと見てきました。
星の森というけど、見たのは昼間です。
(前夜祭は満点の星だったらしいけど)

標高1200m、売木村にある高原の
「うるぎ星の森オートキャンプ場」が会場。
天龍村とは5℃は違っていて、とても爽やかでした。

ステージでは、売木村観光大使という
「Pai×2/ペペ」という女性デュエットや、
いろんな歌手のバックをやっているという
グランノアールという弦楽3重奏、
売木中学の音楽部(3人)などが演奏しました。
青空の下で聞くのは、やはり気持ちいい。

もう一つのテーマは「木と暮らす」。
木工作品を作ったり、薪割り体験があったり。
売木檜というのも、ブランドにしようとしているみたいです。
人口600人を切った売木村、頑張っています!

星の森音楽祭2.jpg

星の森音楽祭1.jpg
posted by ボイシー日記 at 16:03| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする