2016年12月11日

20歳の頃は。

最近、仕事で20歳ぐらいの男女に会うことが多く
いろいろ話していると、
もう社会人としてしっかり働いてる人や、
学生でもちゃんと自分の進路を考えていたりして
まじめだなぁと思ってしまった。

オイラが20歳のときは、まだ漠然としていたなぁ。。
何をしたいのか、よくわからなかったけど
通学の総武線の中吊り広告に
パイオニアのカーステレオ、
ロンサム・カーボーイのシリーズ広告がでていて
かっこいいなぁ、なんて思って見ていた。
乾いたアメリカで撮った写真に
秋山晶のコピーが付いていて、
こんな自分の好きなことを書いて
仕事になるんだったら、
やってみようかな、、、とそのとき思った。
これはかなり印象深く覚えている。

あれから30年・・。。
オイラはすっかり禿げ上がり、
目はかすみ、視力は落ちて、
誤字、キーボードの打ち間違いは多くなり、
朝しか思考力が続かず、
夕方には充電0%になってしまう。
すっかり衰えたけど
でも、20歳の人たちに会ったら、
少し元気を分けてもらえたような
そんなこと全然なかったような。。

そうそう、一人男子でバンドをやっているという人がいて
「どんなのやってるの? ストーンズとかやってるの?」
と聞いたところ、ストーンズって何?という返答が。。
ショックでした。
ストーンズを知らない世代が出てきているとは。。

posted by ボイシー日記 at 17:49| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。