2017年06月25日

北アルプス国際芸術祭とリトグリ。

昨日は、リトル・グリー・モンスターのライブが
大町市であるというので
熱烈なファンの同級生と大町市に行ってきました。
僕は初ライブです。。

朝、伊那市で待ち合わせて北上。
10時前に中央道に入ったら工事渋滞。
なので国道153号に下り
塩尻ICから長野道に入り直し安曇野ICで下り、
そこから長野県道51号を北上していきました。
11時半くらいには大町市へ。

ちょうど大町市では今年から始まった
「北アルプス国際芸術祭」という催し物が
開かれているので、ライブ前に
八坂地区の「東山エリア」に展示してある
ニコライ・ポリスキーという
ロシア人の作った竹のオブジェ
「Bamboo Wave」と
フェリーチェ・ヴァリーニの
「集落のための楕円」を見ました。

「Bamboo Wave」は、巨大な竹を円錐形に束ねて
上をくるりと巻いて止めてある作品。
まぁ巨大で、原始的な雰囲気がしました。
「集落のための楕円」は、
屋根に黄色のペイントをしてある作品。

美大系の女子や、いかにも芸術やってます風の人、
ツアーで回っている人など、けっこういました。
もちろん、外国人さんも。

2つを見終わり、大町市内の「仁科」という
蕎麦屋に入り天ざるを食べ、
おばさんに他にいいのがないかと聞いたら
「霊松寺に展示してある木彫は感動的だよ」というので
そこへ行きました。「伽藍への廻廊」というタイトル。
高橋貞夫さんという作家の作品が
30点?ほど展示してあり、確かに圧倒されました。
ちょうど影武者さんというシンセサイザー奏者・作曲家の
演奏があったので、それをしずしずと聞き下山。
ライブ前、あわただしく3つを駆け足で見ました。

その後大町市文化会館で、
地元小学生の迫力ある太鼓パフォーマンスと
リトグリのライブを見て、帰ってきました。
5人の名前もまだ、よくわかっていません。。

バンブー1.JPG
バンブー2.JPG
バンブー3.JPG
Bamboo Wave

黄色の家.JPG
集落のための楕円 
遠くに見える黄色の帯の
屋根の家が作品

仁科そば.JPG
仁科の天ざる

霊松寺.JPG
高橋貞夫.JPG
霊松寺の「伽藍への廻廊」

リトグリ.JPG
ライブ前の大町市文化会館


posted by ボイシー日記 at 08:52| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。