2017年08月15日

阿寺渓谷&BBQ。

お盆は多摩から姉夫婦と
姉の次男夫婦、その子たちが来ました。

最近行ってなかったので
大桑村の阿寺渓谷へ行きましたが
たくさんの観光客!
通行規制で上流に入って行けず
河口付近で水遊びをして帰ってきました。

ソーダ水のようなきれいな川の水を
見せたかったのに残念。

木曽福島の道の駅でご飯を食べて
権兵衛峠を越えて
ぐるりと一周して帰ってきました。
夜は家でBBQと花火をして過ごしました。

15日の夜は、恒例の夏祭り。
ナントカという演歌歌手の歌を聞きました。

お盆阿寺1.JPG
お盆阿寺2.JPG

おぼん13夜.JPG

演歌歌手2.JPG
演歌歌手.JPG
posted by ボイシー日記 at 10:26| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

永興楽皮影劇団「西遊記」。

昨日は、午前中は豊丘村へ行き、
午後からは竜丘公民館で
台湾の人形劇団「永興楽皮影劇団」の
影絵芝居を見てきました。
「飯田人形劇フェスティバル」の中の一公演。

影絵芝居は台湾の伝統的な芝居で
台湾のホオシャオシェン監督の
映画の中にもたしか出ていたので
ちょっと見ておこうと思って行ってきました。

「西遊記」などを上演しましたが、
2mくらいの窓に後ろから光を当てて、
そこに棒を使った人形を動かせて
影絵が浮かび上がります。
影絵というので黒一色かと思ったら
色彩も付いていました。

セリフは、おじいさんのごろごろした声で
なんともいい味をだしていました。

たつおか1.JPG

たつおか2.JPG
posted by ボイシー日記 at 10:59| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

ドカティ乗りの湘南ボーイ。

きのうは、20代後半のときに新橋の某広告プロダクションで
一緒に働いていたデザイナーのK林君が
イタリアンバイクのドカティで
伊那谷に攻め入ってきたので迎えてきました。

10年ほど前に一緒に和歌山県に行き
その後、高円寺の飲み会で飲んで以来?

夕方、飯田線の伊那北駅で待ち合わせ。
事前に彼のフェイスブックをざっと
おさらいして、近況を把握しておきました。。
なにやら800ccのドカティを最近買って
慣らし運転に来たらしい。
藤沢から富士山の麓を抜けて甲州街道へ出て走り
諏訪湖手前から杖突峠を越えて
高遠でそばを食べて、
伊那北駅そばのホテルへ着いたという。

「あぶらや」という居酒屋のカウンター席で
とくにこれといった突っ込んだ話もせず
20時には店を出て自慢の黄色いドカティを見ました。
軽快なデザインで、いい感じ。

南信州の土産「とりじん」を渡したけど
部屋には冷蔵庫がないというので
帰りにローソンに寄って
氷を買っていったみたいです。

クリバ伊那.JPG
ドカテイ.JPG
posted by ボイシー日記 at 07:36| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

北アルプス国際芸術祭とリトグリ。

昨日は、リトル・グリー・モンスターのライブが
大町市であるというので
熱烈なファンの同級生と大町市に行ってきました。
僕は初ライブです。。

朝、伊那市で待ち合わせて北上。
10時前に中央道に入ったら工事渋滞。
なので国道153号に下り
塩尻ICから長野道に入り直し安曇野ICで下り、
そこから長野県道51号を北上していきました。
11時半くらいには大町市へ。

ちょうど大町市では今年から始まった
「北アルプス国際芸術祭」という催し物が
開かれているので、ライブ前に
八坂地区の「東山エリア」に展示してある
ニコライ・ポリスキーという
ロシア人の作った竹のオブジェ
「Bamboo Wave」と
フェリーチェ・ヴァリーニの
「集落のための楕円」を見ました。

「Bamboo Wave」は、巨大な竹を円錐形に束ねて
上をくるりと巻いて止めてある作品。
まぁ巨大で、原始的な雰囲気がしました。
「集落のための楕円」は、
屋根に黄色のペイントをしてある作品。

美大系の女子や、いかにも芸術やってます風の人、
ツアーで回っている人など、けっこういました。
もちろん、外国人さんも。

2つを見終わり、大町市内の「仁科」という
蕎麦屋に入り天ざるを食べ、
おばさんに他にいいのがないかと聞いたら
「霊松寺に展示してある木彫は感動的だよ」というので
そこへ行きました。「伽藍への廻廊」というタイトル。
高橋貞夫さんという作家の作品が
30点?ほど展示してあり、確かに圧倒されました。
ちょうど影武者さんというシンセサイザー奏者・作曲家の
演奏があったので、それをしずしずと聞き下山。
ライブ前、あわただしく3つを駆け足で見ました。

その後大町市文化会館で、
地元小学生の迫力ある太鼓パフォーマンスと
リトグリのライブを見て、帰ってきました。
5人の名前もまだ、よくわかっていません。。

バンブー1.JPG
バンブー2.JPG
バンブー3.JPG
Bamboo Wave

黄色の家.JPG
集落のための楕円 
遠くに見える黄色の帯の
屋根の家が作品

仁科そば.JPG
仁科の天ざる

霊松寺.JPG
高橋貞夫.JPG
霊松寺の「伽藍への廻廊」

リトグリ.JPG
ライブ前の大町市文化会館


posted by ボイシー日記 at 08:52| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

姜尚中先生の講演会@駒ヶ根。

家入レオLIVEに続いて^ ^
またまた駒ヶ根文化会館へ。
姜尚中先生の講演会
「いまなぜ漱石なのか」を聞いてきました。

漱石が危惧していた近現代への危うさに触れ、
明るさ、豊かさ、繁栄を求めていく裏には、
危うさが必ず潜んでいる。
「三四郎」の中の先生の「滅びるね」という
言葉に象徴されるように、光あるところには影がある。
繁栄を求め続ける現代も、明治時代と大差ないと警鐘。

その話より興味深かったのは、加島祥造先生の話。
姜尚中先生は、駒ヶ根で暮らしていた
加島祥造先生と親交があり、
今回の講演会は偲ぶ会として開かれました。
いろんな話をされましたが、
漱石と加島先生をだぶらせてみたことが
けっこう面白かったです。

どちらも江戸っ子。漱石は松山、熊本などに赴任し、
加島先生は平成2年から駒ヶ根で
血縁関係のない人たちと生活していた。

漱石は家族を持ち、子どもにも
恵まれたが49歳で没した。
漱石がもし加島先生ぐらいの年齢まで生き、
子どもたちが独り立ちしたら、
もしかして家族から離れてまったく新しい土地で
血縁と関係ない人や「朋輩」と
生活していたかも…という想像は興味あった。

西洋文明に批判的な漱石なら、
光輝く都会から抜け出し厭世的な境地になって、
自然豊かな山村へ行ったかもしれない。

こうした“東京離れ”は、ぼくのなかにももう
5年ぐらい前からあった。
みんな、明るさ、豊かさ、繁栄を求めて
東京一極集中していた。
しかし、いまはそうした“つきもの”が落ちた。
姜尚中先生の話の中に何度も“つきもの”という
言葉が使われていたが、
たしかに高度経済成長期には、東京へと集中したが
今はもう憧れはない。

「移住」が増えているのも、
どこかでそう感じている人が
多くなっているのかもしれない。

姜尚中駒ヶ根.JPG
posted by ボイシー日記 at 10:16| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

ノスタルジックな森林鉄道。

南信濃の「梨元ていしゃば」というところで
遠山森林鉄道の復元をめざした
敷設工事が行われたので見てきました。
友達の建設会社の人も
重機を動かして線路に砂利を運んだりしてました。
機関車もノスタルジックで、ほど良いサイズでした。

りんてつ1.jpg
posted by ボイシー日記 at 08:10| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

満島神社の秋祭り。

昨日から天龍村・満島神社の秋祭りがありました。
2日目の今日は、やや傾いたように見える
南の森にある神社から神輿や行列が
スタートする予定でしたが、
けっこうな雨で急遽、信金の前からになりました。
オイラは交通整理の係でしたが
黄色の法被を来て立っているだけで
これといって何もしませんでした^ ^

声を張り上げながらの掛け太鼓、
大名行列を模したような、
長い槍を二人で投げ合って歩くナントカという列、
一人で舞う獅子舞などなど…。
長い時間をかけて商店街を練り歩きました。
やはり、いつも参加している槍を投げる同級生と
笛を吹く同級生のほかに、
今年は、長野市で働くA君も来てました。

若い人もけっこういて、太鼓をたたいたり
笛を吹いたりしていました。

ししまい.JPG
ししまい2.JPG
たいこ.JPG
みこ.JPG
こども.JPG
花田と.JPG
posted by ボイシー日記 at 21:46| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

天龍村ができて60年。

天龍村のなんでも館で
「天龍村誕生60年記念式典」
というのを見てきました。
60年…、そんなものだったのか。
オイラが生まれるちょっと前にできた感じ。
平岡村と神原村が合併して
誕生した当時は人口6000人以上。
まだまだ活気があった。商店も多かった。

天龍小中学生の合唱や
自衛隊松本駐屯地の「アルプス太鼓」
というパフォーマンスが迫力があった。
石原良純氏の講演もあったけど
眠くなり、起きてもまだやっていて
長いなぁと思い途中で出て来てしまいました。。

天龍村60年.jpg
posted by ボイシー日記 at 18:46| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

音符が風に乗る、うるぎ星の森音楽祭。

「うるぎ星の森音楽祭」というのを
ちらりと見てきました。
星の森というけど、見たのは昼間です。
(前夜祭は満点の星だったらしいけど)

標高1200m、売木村にある高原の
「うるぎ星の森オートキャンプ場」が会場。
天龍村とは5℃は違っていて、とても爽やかでした。

ステージでは、売木村観光大使という
「Pai×2/ペペ」という女性デュエットや、
いろんな歌手のバックをやっているという
グランノアールという弦楽3重奏、
売木中学の音楽部(3人)などが演奏しました。
青空の下で聞くのは、やはり気持ちいい。

もう一つのテーマは「木と暮らす」。
木工作品を作ったり、薪割り体験があったり。
売木檜というのも、ブランドにしようとしているみたいです。
人口600人を切った売木村、頑張っています!

星の森音楽祭2.jpg

星の森音楽祭1.jpg
posted by ボイシー日記 at 16:03| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

盆帰りの人たちと。

お盆は東京の多摩に暮らす姉夫婦、
そして甥夫婦と子供たちが来ました。
庭でBBQをしたり、
阿智村の浪合にある川や釣り堀に行ったり
「ヘブンスそのはら」などに行きました。
あっという間に過ぎてしまいました。

恒例の天龍村夏まつりも
少し会場を見て回りました。
農林公社から「ていざなす」のフライをもらい
友達からビールをもらいました。
花火もいつもぐらいの数が打上がり
派手さはないものの、夏を実感しました。

2016お盆3.jpg
阿智村浪合の和知野川

2016お盆1.jpg
ヘブンスそのはら

2016お盆2.jpg
天龍村夏まつり2016
posted by ボイシー日記 at 20:05| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

いいだ人形劇フェスタ2016。

いいだ人形劇フェスタ2016が、いよいよ開幕しました。
初日の今日は、オープニングセレモニーと
関西の人形劇団「京芸」の「漫才の星になるんや」を見ました。
ずば抜けた面白さで、テンポよく、
70分の上演時間もあっという間に過ぎました。

人形劇はちょっと・・・と、
いった感じもなくなりました。

「ひょっこりひょうたん島」を見ていた世代としては、
もう50年近いブランクで人形劇を見ることになりました。

人形劇1.jpg

人形劇2.jpg
posted by ボイシー日記 at 19:49| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ねりねり、飯田お練りまつり。

諏訪大社の御柱祭と同じ年に、
飯田にある大宮諏訪神社では、
「神輿渡御」といわれる神事が行われます。
神様を神輿に乗せて町を練り歩き、
飯田の町の繁栄や平和な様子を見せて回る。
この神事に合わせて行われるのが、
大勢の人がねり歩く「お練りまつり」です。

獅子頭が30kg、胴体が25mほどになる
東野大獅子をはじめとした47団体の獅子舞や、
江戸時代の所作が再現されている
大名行列などが見所。

昼前に賑やかな通りに着くと、
いきなり東野大獅子が通りで練っていました^ ^
通りは観客が凄くて身動きがとれないほどでした。
あとは、大名行列を見れればいいかなと思って
あちこち探したけど、どこらもいない。。
そうこうしているうちに太鼓が鳴っているところがあり
しばらくその太鼓と笛の演奏をきいていました。

その後、大名行列を探すも見当たらず
あきらめて、動物園でひと休み。
桜町へ続く桜並木は、少し桜が色づいていました。

おねり1.jpg
飯田駅前

おねり2.jpg
知久町だったか? 東野大獅子

おねり3.jpg
しんきん本店前の太鼓

おねり4.jpg
どこの人たちか不明。。

おねり5.jpg
大名行列の一部か?

おもり6.jpg
飯田動物園の猿たち

おねり7.jpg
雷鳥

おねり8.jpg
桜町へ行く桜並木
posted by ボイシー日記 at 19:27| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

田中陽希のトークショー。

昨日は飯田市遠山郷・かぐらの湯で
田中陽希の「日本2百名山ひと筆書き
〜グレートトラバース2」のトークショーが
開かれたので聞いてきました。

1時30分開場なので、
15分くらい前に行けばいいかと思い
出かけていったらすでに駐車場は満車、
行列は100人以上になっていました。
こんな賑わいは初めてです。

当然、そんなに人は入れないので
あふれた人たちは、ロビーに置いた
モニターを見ることになりましたが
あまり聞き取れませんでした。。
飯田の友達は、しっかり広間に入って
本人を見ながら聞けたようです。

北海道から、九州までいろいろなエピソードを語り、
南アルプスあたりの思い出話なども。
戸隠の蟻の戸渡りの映像も流れて
落ちるんだったらまだ
落差の少ない右側のほうがいいと
言っていました^ ^
ようき1.jpg

ようき2.jpg

ようき3.jpg

ようき4.jpg
↑飯田の友達が撮った走破中の田中陽希。飯田市内
posted by ボイシー日記 at 07:59| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

春を走る、天龍村梅花駅伝。

今日は、信州に春を告げる
天龍村梅花駅伝がありました。
昨日の夜までどしゃ降りで
ムリかと思っていたら
朝起きるといい天気になっていました。

いつもは静かな村が、
外来のお客で賑わう一日。
ふだんは普通に通れる道も
この日ばかりは大渋滞です。

11時に天龍中学校グラウンドをスタート。
招待校の佐久長聖高校が
最初から疾走していきます。
もう完全に勝負があったと思っていたら
伊那のチームが優勝。
佐久長聖高校は三位でした。

同級生が商店街で交通整理をしていたので
そこで応援旗を振って応援してから
龍泉閣で遅いお昼を食べて解散となりました。

〈写真は容量不足で掲載できません^ ^ gooブログへ〉
http://blog.goo.ne.jp/boise1996
posted by ボイシー日記 at 16:55| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

諏訪大社本宮へお参り。

昨日は、飯田の青果市場で働く友達と
諏訪大社本宮へ行ってきました。

諏訪I.C.からも近く、朝10時過ぎに到着。
三が日も過ぎてそれほど込んでおらず、
お参りして、破魔矢、お守りなどのグッズを買って
焚火にあたって帰ってきました。
友達はだるまをゲット。

その後、諏訪S.A.で山賊焼きカレーを食べ
帰りに飯田上郷にある友人宅に寄ってきました。
立派な本宅、茶室に似せた「離れ」、蔵、
築山・池の庭園などがあり、すんごい家でした^ ^

ところで諏訪神社は全国にありますが
なぜそんなに全国に広がったかというと
もちろん、信仰によるところはあるけど
それプラス、昔は肉食禁止だったけど
諏訪神社の氏子になると
鹿肉を食べてもいいということで
広がったというようなことが言われています。
鹿食免(かじきめん)といって、
鹿肉を食べることを免除されたということです。

〈写真は容量不足で掲載できません^ ^ gooブログへ〉
http://blog.goo.ne.jp/boise1996
posted by ボイシー日記 at 07:42| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

国道151号ウォーキング。

昨日は、冬山登山に行けず
身体がなまるという友達と、
飯田の川路駅から天龍村まで
国道151号をウォーキングすることになりました。
約30km。車なら30分の距離です。

12月にしては寒くありません。
家から川路までは飯田線利用。
川路のセブンイレブンを8時にスタート。
天龍峡を過ぎ下條村へ入ったあたりで
知り合いから、いま車ですれ違ったと
LINEに連絡が入りました。
やはり国道を歩くと見られています。。

1時間ほど歩いて下條村の道の駅で休憩。
阿南町に入ると、熊伏山に一緒に行った
登山部リーダーの配達中の車と遭遇。
11時過ぎだったので、
JAの食彩館で昼食を食べることに。
リーダーが気を使ってノンアルコールビールを
ごちそうしてくれました。

ウォーキングの途中でこんなに満腹になって
いいものかと思いつつ再びスタート。
このころから、足の裏が痛くなり始めました。

しばらく歩くと、今度は鉄工所をしている知り合いが。。
立ち話をして阿南高へ下る道を降ります。

今度は生コン会社の前で阿南高の同窓生と遭遇。
高校を出て以来なので、もう40年近い。
電話番号のやりとりをしてさらに進軍。

天龍村にやっと入り、
秘境駅・為栗駅そばの味覚小屋で、
友達が持って来たコーヒーをもらって休憩。
再び歩き始めると、さらに足が痛くなってます。。
湖岸道路を行き、平岡ダムを越えて、
家に着いたのが16時でした。
休憩時間を除く約7時間ほどのウォーキングでした。
ウォーキングだったのに知り合いと遭遇し、
友達訪問みたいになってしまいました。
posted by ボイシー日記 at 08:34| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

高遠城址と高遠そば。

昨日は晴天だったので、
高遠城址を見て、高遠そばを食べてきました。

高遠城址は、東京でいちばん最初に
入った会社の社員旅行で訪れて以来です。
桜の季節に来たけど、なにも記憶がありません。。。
社員旅行でなんで田舎に来なくちゃならんのや?
と思ったことだけ覚えています。

最初に高遠そばを食べようと
城下町通りを車で行くと駐車場が見つからず、
一度通り過ぎて、商店街駐車場(無料)というのが
真ん中あたりに見つかり入りました。
そこから「壱刻(いっこく」)という、
どこかで聞き覚えがあった店に入りました。
(県内のグルメ番組で見たような。。)
店内の雰囲気も落ち着いていて
BILL EVANSのJAZZなども流れていました。

注文したのは平打ち十割りそば。
もちもちとした食感で、
一口一口、噛んで食べるといった感じ。
まず大根おろし汁が入ったちょくに、
味噌と辛味大根を入れて食べ
次に、普通のそばつゆで食べました。
蕎麦の素朴な味わいが口に広がりました。

食べ終わり、建福寺へ。
ここには武田勝頼の母の墓があります。
諏訪から武田信玄に嫁いだ人。
庭園の樹々も色付きはじめていました。

そして高遠城址公園へ。
ここはそもそも高遠氏の居城だったのが
武田信玄が駿河や遠江に進出するときの
南信州の重要拠点として手に入れ、
その後、武田信玄が亡くなると
織田勢が当時城主の仁科五郎盛信を破り落城。

観光客は数える程度。
本丸、桜雲橋、問屋門、
二の丸などをぐるりと回りました。
とくに城郭などが残ってないので、
昔来たとき印象が薄かったのかも。
すこし離れたところにある藩校も見学。

このあたりからは中央アルプスが一望でき
とくにとんがった将棊頭山(たぶん)は
きれいな三角形で目立っていました。

〈写真は容量不足で掲載できません^ ^ gooブログへ〉
http://blog.goo.ne.jp/boise1996
posted by ボイシー日記 at 08:35| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

伊那谷の光と影。

きのうは、起きると青空が見えていたので
千畳敷カールへ行こうと思いたちました。
先日、捻挫をしたので、
軽く足ならしも兼ねてと思いました。

7時30分に家を出て、飯田山本ICから
中央高速に入り、9時に駒ヶ根に到着。
しかし着いたとたんに雨雲がどんよりと空を覆い、
雨が降り出しました。 ムム。。

チケット売り場の人に聞いたら、
山頂付近も霧に覆われ雨が降りはじめ
今日はずっとこんな感じですと言われ、
途方に暮れました。

仕方なく、近くにある光前寺へ。
しだれ桜、霊犬・早太郎伝説、三重塔、
光り苔などで知られている名刹。
人はほとんどおらず、お守り売り場の人と話したり
一人で雨の境内を歩きました。
となりには駒ヶ根高原美術館があり
この際だからと入ってみました。

池田満寿夫、藤原新也などの作品が
常設展示されているほか、
横井弘三という人の絵が企画展示されていました。
にじんだやわらかな描写が印象的で
じわじわ語りかけてくるものがありました。
芸術の秋だぁ ^ ^

その後、駒ヶ根高原を流れる小川沿いの
散歩道をしばらく歩いたあと、
手打ちそば屋・駒草屋でざるそばを食べました。
極細でコリコリとした食感。のどごし良かったです。

帰る頃になっても、中央アルプスは雨雲の中。
一方、南アルプス上空はずっと青空。
ちょうど伊那谷の上が天気の境になり、
空の上で光と影が交差していました。

〈写真は容量不足で掲載できません^ ^ gooブログへ〉
http://blog.goo.ne.jp/boise1996
posted by ボイシー日記 at 07:30| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

8月29、30日、北信攻め。

8月29、30日と、北信攻めに行ってきました。
善光寺、戸隠神社、白馬村、黒部ダム。

最初は白馬・八方池周辺の
トレッキングがメインの計画でしたが、
長野・大北地域に大雨注意報が
出るほどの雨だったので
トレッキングは中止しました。

いつものように猫を動物病院に預け
8時半に飯田を出て、11時に長野駅に到着。
埼玉からの友達と待ち合わせて善光寺へ。
長野県人でありながら御開帳へ行かず
回向柱にもさわらなかったので、
とりあえず、まだ立っている回向柱にさわってきました。
前立本尊とつながれてないのでご利益はなしか?

善光寺参道をひと通り歩いたあと、
車で戸隠バードラインを抜けて戸隠神社へ。
戸隠神社は創建2000年に及ぶ歴史のある神社だとか。
神代の昔「天岩戸」が飛来して、
現在の姿になったという戸隠山を中心に発達。
神社は「天の岩戸」を開いた神々をお祀りしています。
世の中をあまねく照らす天照大神が
閉じこもった時に使った岩戸を隠したから戸隠なのか?!
と、いま観光HPを見ながら、ガッテンしました。

中社近くの蕎麦屋「二葉屋 葉隠」で鴨そばを注文。
こしがあり、すっきりした味で、おいしかったです。
戸隠そばを食べたあと、奥社へ。
長い参道を40分くらい歩きました。
途中にある朱色の随神門からは、
樹齢400年の大杉が両側に並び圧倒されました。
奥社近くでは白装束の団体が滝行をしてました。

観光後、国道406号を走り、鬼無里などを抜けて
1時間半ほどで白馬村に到着。
おしゃれなレストランやカフェ、ショップが多く、
北欧リゾート地みたいな雰囲気でした。

夜はサマージャンプ白馬大会があったので
タクシーでオリンピックジャンプ台へ。
作山憲斗、レジェンド葛西らが豪快に飛んでました。
天龍村と同じ長野県とは思えないほど
国際的な雰囲気で、解放感があり、
やはり一度オリンピックをやると違うなーと思いました。

30日朝は、雨の音で目が覚め、黒部ダムへ。
途中、青木湖、木崎湖などがありました。
トロリーバス出発駅の扇沢駅には
名物の駅員さんがいて、芸人のようなしゃべりに
改札を待っているお客さんは爆笑の連続。
トロリーバスで10分くらいで黒部ダムに到着。
いつも平岡ダムを見慣れている天龍村民も、
その巨大さに言葉を失いました。。

そして帰りは長野駅まで戻り、
駅前の「油や」でまた蕎麦を食べて帰路に。
ずっと雨や曇りでしたが、
そのかわり観光地をいろいろ巡り
中信・北信攻めがかなり進展しました。

〈写真は容量不足で掲載できません^ ^ gooブログへ〉
http://blog.goo.ne.jp/boise1996
posted by ボイシー日記 at 10:01| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

安曇野、大王わさび農場。

以前、中信・北信攻めをしたい
ということを書きましたが、
安曇野の大王わさび農場に行ってきました。
安曇野は、初めてです。
北アルプスが近く、田んぼの稲も実ってきて
のどかな風景が広がっています。

いろいろ回りたかったけど、
今回は大王わさび農場だけ見てきました。
大王という大それた名前には、
なにやら理由があるみたいです。

よく見かける風情ある三連の水車もあり、
川にはボート体験をしている人がたくさん!
わさび畑には、さらさらと
きれいな水が流れていました。

帰りに松本城を見ようと行ったら
駐車場がどこも満車。
車窓から見ただけでした。
次回、登城したいと思います。

〈写真は容量不足で掲載できません^ ^ gooブログへ〉
http://blog.goo.ne.jp/boise1996
posted by ボイシー日記 at 10:02| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする